イベント情報

2019.03.20

【報告】ビブリオバトル中学生大会を開催しました

【報告】ビブリオバトル中学生大会を開催しました

 3月3日「第1回ビブリオバトル中学生大会」を開催しました。ビブリオバトルとは、本の魅力を5分で紹介しあい、読みたくなった本の投票数で競うゲームです。発表した中学生2人からは「本が好きな人たちと自分の好きな本の話をできて良かった」「これまでは読んで終わりだったので、なぜこの本が好きかまとめる良い機会になった」との感想が聞かれました。

チャンプ本

妖怪アパートの幽雅な日常』香月日輪/著、講談社

発表者:高濱 律樹さん(大津北中2年)

 妖怪など個性豊かなキャラクターが登場する小説を紹介。登場人物の心情に共感し自分の感情を認められたとのこと。「ハマるのでテスト前は読まないほうがいいです!」

準チャンプ本

『人間失格』太宰治/著、新潮社

発表者:神代 昌太さん(大津北中3年)

 太宰治の名作を紹介。冒頭の暗唱で観覧者を引き込む。「人間とは何かということについて、生きていく限り考え続けていきたい」

発表者は少なかったものの大変盛り上がり、終了後には観覧者の大人を加えて2回目を行いました。今後も図書館でビブリオバトルを継続していく予定です。皆さんのご参加をお待ちしています。

2回目チャンプ本

『カメレオンの呪文』ビアズ・アンソニイ/著、早川書房

そのほか紹介された本

『若松英輔特別授業「自分の感受性くらい」』若松英輔/著、NHK出版

『きまぐれロボット』星新一/著、理論社

『氷菓』米澤穂信/著、角川書店

戻る

ログインする

利用照会はこちらから

ページの先頭へ