イベント情報

2019.08.12

【報告】ビブリオバトル&ボードゲームイベントを開催しました

【報告】ビブリオバトル&ボードゲームイベントを開催しました

 8月4日、ビブリオバトルを開催しました。ビブリオバトルとは、本の魅力を5分間で紹介し合い、読みたくなった本の投票数で競うゲームです。今回は4人の中高生がバトラーとして本を紹介しました。

 どの紹介も素晴らしく、観覧者からは「一番を決められない」「バトラーは本当に中高生なのですか!?」などの声が聞かれました。

チャンプ本

『季刊 高校演劇 No.251』高校演劇劇作研究会/編集・発行

発表者:宮川はずきさん(大津高校2年生)

一言:「高校演劇の脚本が掲載されている雑誌です。テレビなどの映像も良いですが、文字で読んで想像するのも楽しくて好きです。ぜひ脚本を読んで演劇にも興味を持ってほしいです!」

そのほか紹介された本

『都会のトム&ソーヤ』はやみねかおる/著、講談社

 発表者:高濱律樹さん(大津北中学校3年生)

『摂氏零度の少女』新堂冬樹/著、幻冬舎

 発表者:赤元麻里子さん(大津高校2年生)

『錆喰いビスコ』瘤久保慎司/著、KADOKAWA

 発表者:島崎遥貴さん(大津高校2年生)

 ビブリオバトルのあとは「図書館でボードゲーム」を開催しました。中高生から小さいお子さん連れの家族まで、幅広い年代の方が楽しまれました。

小さいお子さんから人気のゲーム「キャプテンリノ」の巨大版!家族で協力して、床から天井に届きそうなくらい、高く積みあがりました!

ビブリオバトルやボードゲームイベントは、今後もおおづ図書館で継続して開催しますので、ぜひ遊びにきてくださいね!

戻る

ログインする

利用照会はこちらから

ページの先頭へ