お知らせ

2018.08.09

内閣府 地域活性化伝道師・木下斉さんおすすめボードゲーム登場!

内閣府 地域活性化伝道師・木下斉さんおすすめボードゲーム登場!

 内閣府 地域活性化伝道師であり『福岡市が地方最強の都市になった理由』(PHP研究所、2018/2)の著者である木下斉さんおすすめのボードゲーム「ディプロマシー」が、図書館に入りました。

 8月12日(日)のボードゲームイベントで、図書館に所蔵する著作と一緒に紹介します。貸出開始は8月13日(月)からです。予約は12日(日)からカウンターにて受け付けます。

 以下は木下さん本人からの紹介文です。

地域活性化などでも、企業経営などでも「戦略」は大切とわかっていても、なかなか戦略とは何かと体感的に理解するのは難しいです。

「ディプロマシー」は第一次世界大戦前のヨーロッパを舞台にした、各国代表としてどのようにすれば自らが安定的かつ大きな勢力を握れるか、を目指すゲームです。特に交渉が重要な要素を占めるゲームのため、何を守り、何を攻めるか、誰を敵と考え、誰を味方と考えるかといったことを、生身のプレーヤーたちが互いに交渉していくのが特徴です。そのため、現実社会における地域、企業の様々な代表者として振る舞うときに必要とされる戦略的思考力、より俯瞰した物事の見方を養成する上で最適なボードゲームと言えます。

子供や学生だけでなく、むしろ各地域や企業のトップ・マネジメント層にこそやってもらいたいボードゲームです。

              一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス 代表理事 木下 斉さん

写真は、8月4日に「白川フェス」で来熊された際に、おおづ図書館のために撮影させていただいたものです。

戻る

ログインする

利用照会はこちらから

ページの先頭へ