お知らせ

2018.09.15

世界かんがい施設遺産に登録されました

世界かんがい施設遺産に登録されました

 白川流域かんがい用水群(大津町・菊陽町・熊本市)が、世界かんがい施設遺産に登録されました。「世界かんがい施設遺産」とは、かんがいの歴史・発展を明らかにし、理解醸成を図るとともに、かんがい施設の適切な保全に資するために、歴史的なかんがい施設を国際かんがい排水委員会が認定・登録する制度です。日本国内で31件、熊本県内で3件目です。

 上井手の水とともに生きる町づくりの会が発行した「歴史と文化薫る大津町」のほか、菊陽町の馬場楠井手に関する資料を展示していますので、ぜひご覧ください。

 「歴史と文化薫る大津町」は、ロビーに置いてあるものは自由にお持ち帰りいただけます。

戻る

ログインする

利用照会はこちらから

ページの先頭へ